PROFILE

キメナイト

2018年1月に正式に結成。

Jazzミュージシャンの若手2人からなるギターコーラスユニット『キメナイト』。

歴史あるJazzクラブなどでシンガーとして人気を高めている宮坂俊行がアコースティックギターを弾き、東海地方を代表するJazzギタリスト成瀬明がコーラスを歌う。

古き良きアメリカンポップスを中心に、アコースティックスタイルで演奏している。 2人のアンサンブルは観る人を引き込み、魅了する。 


宮坂俊行(みやさか としゆき)


幼少期をアメリカで過ごし、様々な洋楽に触れて育つ。
小さい頃から歌うことが好きで、8歳のときに合唱団に所属。
成年より本格的に活動を始め、音楽活動の他に役者として舞台やTV出演なども経験する。
Popsを北川とみ氏、Jazzボーカルをウィリアムス浩子氏に師事。
確かな歌唱テクニックと叙情的な甘い歌声、甘いマスクでリスナーを魅了している。
2017年 10月18日ファーストアルバム「CLOSE MY EYES」をリリース。
ウィリアムス浩子氏をプロデュースに迎えた作品。
amazonのJazz、フュージョン総合チャートで4位に入るなど話題を呼ぶ。


成瀬明(なるせ あきら)

16歳からギターを始め、高校卒業後『MI JAPAN名古屋校』に入学。 Keith Wyatt、Allen Hinds、Kai Kurosawaなどのアーティストとセッションし、様々なジャンルの音楽を経験する。 ゲーム音楽のレコーディングにもギタリストとして参加。 MI JAPAN卒業後、伊太地山伝兵衛の全国ツアーのメンバーとして各地をまわり、佐山雅弘、村上ポンタ秀一と共演。 現在は、愛知県を中心に全国各地で様々なミュージシャンとライブ活動やセッションを行なっている。
2016年7月、砂掛康浩と共にライブレコーディングをしたギターデュオのCD、「Akira Naruse meets Yasuhiro Sakake」をリリース。